運動負荷心電図

階段を上るなどの運動すると胸が苦しくなる・痛くなるといった労作性狭心症、運動すると脈が飛ぶなどの運動誘発性不整脈の検査に適しています。

運動時に症状がでるのであれば、この状態を再現してやればよいわけで、具体的には、階段の上り下りをしてみてその前後で心電図をとるとか、ベルトコンベヤーやエルゴメーター(自転車)をこいでいる最中に心電図をとるとか、心臓に負荷がかかった状態で心電図を検査するものです。


ベルトコンベヤーの上を歩いてトレッドミル検査をしているところ