植物状態

   いわゆる「植物状態」は,脳幹の一部が生きており,人工呼吸器をつけなくて

  も自力で呼吸が出来る状態であり,脳死とは異なるものである。

  

          植物状態の定義(昭和47年 脳神経外科学会)

----------------------------------------------------------------------

    ① 自力移動が不可能である。

    ② 自力摂取が不可能である。

    ③ 糞・尿失禁状態にある。

    ④ 声を出しても意味のある発言が全く不可能である。

    ⑤ 「眼を開けろ」「手を握れ」というような簡単な命令には辛うじて応ず

      ることがあるが,それ以上の意志疎通が不可能である。

    ⑥ 眼球は辛うじて物を追っても,認識できない。

    

   以上6項目が治療にもかかわらず3か月以上続いた場合を植物状態とみなす。

----------------------------------------------------------------------

   見られるもの

     1.睡眠と覚醒のリズム。

     2.対光反射(中脳の機能は保持されているため)。

     

脳死と植物状態の鑑別

| |脳  死 |植物状態 |

|脳の障害の状態 |すべての脳機能が不可|脳の機能が一部残存 |

| |逆的に停止 | |

|症|意識の有無 |意識は全くない |高度な意識障害(刺激に |

| | | | 反応することがある) |

|侯|自発呼吸の有無 |自発呼吸なし |多くは自発呼吸あり |

|経  過 |回復の可能性なし |まれに回復する場合も |

| |通常1週間程度で心停|ある |

| |止に至る |何年も生存することあり|

[ 一覧へ戻る ]