慢性膵炎の臨床診断基準

(日本消化器病学会慢性膵炎検討委員会,1983)

----------------------------------------------------------------------------

① 膵組織像に確診所見がある。

② 膵に確実な石灰化像がある。

③ 膵外分泌に確実な機能障害がある。

④ 膵管像または膵画像に確診所見がある。

⑤ 膵酵素逸脱を伴う上腹部痛・圧痛が6ヵ月以上持続または継続し,膵機能,膵管

像,膵画像あるいは膵組織像に細則に示す異常所見がある。

<判定>

 ①~④の項目を1つ満たせば慢性膵炎(Ⅰ群),⑤を満たすものは慢性膵炎(Ⅱ群)

とする。

 なお,上記の診断基準を満たさないが,自・他覚所見,細則に示す参考所見,治療

効果,除外診断などを総合して慢性膵炎を否定しにくい例は臨床的疑診とする。

 上記の診断基準を満たす場合でも,膵領域腫瘍およびそれに随伴する病変は除くも

のとする。

----------------------------------------------------------------------------

注:①は外科的手術時や生検時の所見(一般的でない)。

  ②はCT,超音波,腹部単純X線にて診断。

  ③はパンクレオザイミン(またはセオスニン),セクレチン試験で膵液の最高重

   炭酸塩濃度の低下のほかに,膵液量の低下,またはアミラーゼ排出量低下を伴

   う。

  ④はERCPにて膵管の拡張,狭窄,蛇行,嚢胞形成などの所見を得る。

    ERCPによる慢性膵炎の診断基準

------------------------------------------------

  A.確診所見

   1) 主膵管,分枝・微細膵管の不整拡張

   2) 膵石

   3) 異常所見に①②のいずれかを伴うもの

    ①主膵管レベルの膵嚢胞

    ②主膵管の閉塞

  B.異常所見

   1) 分枝・微細膵管のみの不整拡張

   2) 分枝レベルの膵嚢胞

   3) 主膵管の限局性狭窄

   4) 分枝・微細膵管の閉塞,または狭窄

   5) プラッグまたは非陽性膵石

  C.参考所見

   1) 主膵管の単純拡張

   2) 主膵管の歪曲・蛇行

   3) 膵管の硬直化

   4) 総胆管膵部の狭窄

------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]