生理的機能の加齢による変化


A. 身体構成分
  1. 脂肪以外の身体構成分の減少
  2. 脂肪の増加
  3. 血漿量の減少
  4. 血漿アルブミンの減少
B. 心血管系
  1. 心:心拍出量低下,肥大,ストレスに対する反応の低下
  2. 循環:血管弾性の低下,血管壁肥厚,末梢血管抵抗の増加,腎,肝,脳,筋肉の血流減少
C.  
  1. 機能的ネフロンの減少
  2. 糸球体濾過率および腎血流の減少
  3. 血清クレアチニン不変,クレアチニンクリアランス低下
  4. 尿細管機能の低下
D. 消化管系
  1. 唾液,胃液などの分泌の減少
  2. 吸収の軽度低下
  3. 能動輸送の減少
  4. 食道蠕動の低下
  5. 胃排出率の低下
E.
  1. 重量減少,ただし機能の変化は軽度
  2. 薬物代謝の低下(?)
F. 神経系
  1. 脳:血流量の減少,短期記憶の低下,協動運動の低下,脳機能低下,薬に対する閾値の低下
G.
  1. 胸郭の変化
  2. コラーゲンの cross-linking を伴った弾性の低下と強直の増加
  3. 機能的残気量,死腔の増加
  4. 強制呼吸量の減少
  5. 気管:気管支線毛の数の減少,運動の低下
H. 内分泌腺
  1. ホルモン分泌量の減少
  2. 耐糖能の低下
  3. 副腎の catabolic activity のバランスの変化

(亀山正邦:内科 59;804,1987)

[ 一覧へ戻る ]