内科学の立場から見た老年者の疾患の特徴(亀山正邦による)
----------------------------------------------------------------------------
  1.ひとりで多くの疾患をもっている(multiple pathology)
  2.疾患の病態が若い人と異なる。
  3.症状が非定型的であったり少なかったりするために,正確な臨床診断が困難
    である。
  4.各種の検査成績について個人差が大きい。
  5.水・電解質など,生命維持に必要なhomeostasisの異常を起こしやすい。
  6.多くの疾患が,精神・神経症状をもって発症したり,途中からそれらが加わ
    ったりする。
  7.本来の疾患と関係のない合併症を併発しやすい。
  8.治療,ことに薬剤に対する反応性が若年者とは異なっている。
  9.患者の予後が,医学・生物学的な面とともに,社会・環境的な面によって支
    配されやすい。
----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]