厚生省生科学研究費特別研究事業「脳死に関する委員会」(竹内一夫班長)

------------------------------------------------------------------------------

  ・器質的脳障害により深昏睡および無呼吸を来しており,

  ・原疾患が確実に診断されており,それに対して現在行いうるすべての治療をもっ

   てしても,回復の可能性が全くないと判断される。

  症例において

    1) 深昏睡;Ⅲ-3式で300

    2) 自発呼吸の停止

    3) 瞳孔;瞳孔固定,瞳孔径は左右とも4ミリ以上

    4) 脳幹反射の消失;対光反射,角膜反射,網様脊髄反射,前庭反射,咽頭反

     射,咳反射

    5) 平坦脳波

   以上 1)~ 5) が満たされた後6時間経過をみてこの間変化のないこと。

    

   ただし,

    ・6歳未満の小児

    ・脳死と類似した状態になりうる急性薬物中毒,低体温,代謝・内分泌障害は

除外する。

------------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]