自己免疫性肝炎診断基準

----------------------------------------------------------------------------

<ルイポイド肝炎とその近縁疾患>

A.ルポイド肝炎

  1.高γ-グロブリン血症(2.0g/dl以上),

  2.LE細胞を含む自己抗体陽性で,

  3.肝組織像としては active chronic hepatitis の所見を呈し,

    かつ著名な lymphoid infiltration (リンパ球,形質細胞,ときに lympho

    id follicle)を伴い,

  4.肝以外の systemic manifestation を有し,

  5.コルチコステロイド剤の有効な症例とする。

B.近縁疾患

  1.血中HBs坑原陰性。

  2.高γ-グロブリン血症(2.0g/dl以上)を伴い,

  3.組織学的には,

    犬山分類による慢性肝炎(活動性),または従来の亜急性肝炎(Tisdale)お

    よび部分的な結節形成を伴う例,または発症初期より観察しえた肝硬変症例

    とする。

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]