百日咳 (whooping cough)

    グラム陰性桿菌の百日咳菌。

    母体よりの免疫移行は少ないため新生児期より感染する。

    一部の免疫抗体は移行するが,感染阻止抗体は移行しないため感染する。

症 状:

    連続性の咳嗽発作(Staccato),笛音(レプリーゼ)→夜間に多い。

    顔面浮腫,結膜充血,→百日咳顔貌

    吸気時発作(コンコンコンコン・ヒュー)

    新生児,乳児期ほど重症。

    乳児に脳症を起こすことがある。

検 査:

    百日咳菌培養(Bordot-Gengou培地)

    WBC増多(リンパ球増多)

    ESR正常,CRP陰性

治 療:

    マクロライド系,テトラサイクリン系,ミノサイクリン系

    ペニシリンは効かない。

    アンピシリンは効くことあり。