Guillain-Barre 症侯群の診断基準

----------------------------------------------------------------------------

Ⅰ.発病様式

 感冒様前駆症状の1~3週間後,急性に神経症状が現れる。

Ⅱ.神経症状

 1) 主症状は運動麻痺で,左右対称性の四肢麻痺が多い。麻痺は遠位筋優位,近位

  筋優位,あるいは両者同程度の場合がある。

 2) 脳神経では顔面神経麻痺の頻度が高く,そのほか舌咽,迷走,動眼,外転,副,

  舌下神経の障害がみられる。

 3) 感覚障害は,病初期に,四肢末梢にしびれまたは痛みを訴えることが多いが,

  他覚的には軽度か認めない程度である。

 4) 深部反射は低下または消失し,病的反射はみられない。

 5) 筋萎縮,膀胱直腸障害および視力障害,難聴を認めることは稀である。

Ⅲ.髄液所見

 蛋白細胞解離(蛋白 60mg/dl 以上,細胞数 10/mm3 以下)を示すのが特徴である。

Ⅳ.経 過

 発症後1~3週間進展増悪を示した後改善傾向を示し,3~6か月以内に症状の回

 復がみられ,予後は一般に良好である。

----------------------------------------------------------------------------

(でどころ不明)

[ 一覧へ戻る ]