CPPD結晶沈着症(偽痛風)診断基準(1979)

----------------------------------------------------------------------------

Ⅰ.生検,剖検,滑液採取などを行い,X線回折試験や化学的分析などの確実な方法

  によるCPPD結晶の証明

Ⅱ.(a) 補償(補正)偏光検鏡を用いて,非あるいは弱い正の複屈折煙を示す単斜お

    よび,あるいは三斜晶系結晶の確認

  (b) X線像における典型的石灰化

Ⅲ.(a) とくに膝または他の大関節の急性関節炎。

    高尿酸血症との合併は関係がない。

  (b) とくに膝,股,手首,手根,肘,肩および中手指節関節(MCP)などの慢性関

    節炎で,急性増悪を伴う。骨関節炎との鑑別に有用な下記の特徴がある。

    1.骨関節炎ではまれな罹患部位-手首,MCP,肘,肩

    2.X線異常所見-橈骨手根あるいは膝蓋大腿骨関節裂隙の狭小,とくに単

      独の場合(大腿骨をおおい包む wrapped around 膝蓋骨)

    3.軟骨下のう胞の形成

    4.変性の程度-進行性で,軟骨下骨圧潰(微小骨折),骨断裂,関節内遊

      離体形成を伴う。

    5.骨棘形成-大きさは不定で,変りやすい。

    6.腱の石灰化,とくにアキレス腱,三頭筋腱,閉鎖筋腱

以上の項目の中で,ⅠまたはⅡ(a)+(b)をDefine,Ⅱ(a)またはⅡ(b)をProbable,Ⅲ

(a)または(b)をPossibleと診断する。

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]