起立性調節障害の診断基準(小児起立性調節障害研究班)

----------------------------------------------------------------------------

大 症 状

 A.立ちくらみ,あるいはめまいを起こしやすい

 B.立っていると気持ちが悪くなる,ひどくなると倒れる

 C.入浴時あるいはいやなことを見聞きすると気持ちが悪くなる

 D.少し動くと動悸あるいは息切れがする

 E.朝なかなか起きられず,午前中調子が悪い

小 症 状

 a.顔色が青白い

 b.食欲不振

 c.臍疝痛(強い腹痛)をときどき訴える

 d.倦怠あるいは疲れやすい

 e.頭痛をしばしば訴える

 f.乗り物に酔いやすい

 g.起立試験で脈圧狭小化 16mmHg 以上

 h.起立試験で収縮期血圧低下 21mmHg 以上

 i.起立試験で脈拍数増加 21/分 以上

 j.起立試験で立位心電図 T の 0.2mV 以上の減高,その他の変化

----------------------------------------------------------------------------

 大3以上,大2小1以上,大1小3以上あり,他の器質的疾患を除外すれば起立性

調節障害と診断する。

[ 一覧へ戻る ]