小児ネフローゼ症候群の診断基準

----------------------------------------------------------------------------

 1.蛋白尿:1日の尿蛋白量は 3.5g 以上ないし 0.1g/kg,または早朝起床時第1

   尿で 300 mg/100ml 以上の蛋白尿が持続する

 2.低蛋白血症

   血清総蛋白量:     学童,幼児 6.0 g/100ml 以下

               乳児 5.5 g/100ml 以下

   血清アルブミン量:   学童,幼児 3.0 g/100ml 以下

               乳児 2.5 g/100ml 以下

 3.高脂血症

   血清総コレステロール量:学童 250 mg/100ml 以上

               幼児 220 mg/100ml 以上

               乳児 200 mg/100ml 以上

 4.浮 腫

注:(1) 蛋白尿,低蛋白(アルブミン)血症は,本症侯群診断のための必須条件であ

   る

  (2) 高脂血症,浮腫は本症侯群診断のための必須条件ではないが,これを認めれ

   ば,その診断はより確実となる

  (3) 蛋白尿の持続とは3〜5日以上をいう

----------------------------------------------------------------------------

(厚生省特定疾患ネフローゼ症侯群調査研究班,1974)

[ 一覧へ戻る ]