若年性関節リウマチ診断の手引き

----------------------------------------------------------------------------

1.6週間以上続く多関節炎

  

2.6週間未満の多関節炎(または単関節炎,少関節炎)の場合には次の1項目を伴

  うもの

  a.虹彩炎

  b.リウマトイド疹

  c.朝のこわばり

  d.弛張熱

  e.屈曲拘縮

  f.頚椎の疼痛またはX線像の異常

  g.リウマトイド因子陽性

  

3.下記疾患と確定したものは除外し,鑑別不能の場合は「疑い」とする

  リウマチ熱,全身性エリテマトーデス,多発性動脈炎,皮膚筋炎,進行性全身性

  硬化症,白血病,敗血症,骨髄炎,感染性関節炎,川崎病

  

注意すべき点

  1) 関節炎は移動性でなく,固定性であること。

  2) リウマトイド疹とは直径 数 mm 〜1cm の鮮紅色の紅斑で,発熱とともに出

    現し,下熱時に消退することもある。

  3) 弛張熱とは,日差が3〜4℃で,下降時は平熱またはそれ以下となることが

    あり,1週間以上続くこと。

  4) リウマトイド因子(RAテスト)は,肝疾患や,他の自己免疫疾患でも陽性

    となることがある。

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]