脚ブロック

正常な心内の電気の伝導順序は 洞結節ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚にわかれ、左脚はさらに前枝と後枝にわかれます。 このうち、右脚または左脚のいずれかが切れてしまったものをいいます。切れてしまったとはいっても、完全に伝わらないわけではなく、心臓は伝導体ですから、他の脚を伝ってくる電気が遅れて伝わってきます。-般的な揚合、脚ブロックの状態そのものよりも、なぜ脚ブロックとなったか、その原因が重要です。たとえば、若年者で右脚ブロックを呈する場合、失天性心疾患を疑い、成人が突然脚ブロックを呈したときは、心筋梗塞等の既往を疑わなくてはなりません。