大動脈炎症侯群の診断の手引き(厚生省研究班作成)

----------------------------------------------------------------------------

 Ⅰ 症 状

  (1) 頭部乏血症状:めまい(特に上を向くとき),失神発作,視力障害(特に

           直射日光下)

  (2) 上肢乏血症状:指の冷感,上肢易疲労感

  (3) 大動脈あるいは腎動脈狭窄症状:頭痛,めまい,息切れなどの高血圧症状

  (4) 全身症状:初期に微熱の出ることがある

 Ⅱ 診断上,重要な所見

  (1) 上肢の脈拍異常(橈骨動脈の拍動微弱,消失ないし著名な左右差)

  (2) 下肢の脈拍異常(大腿動脈の拍動亢進あるいは減弱)

  (3) 頚部,背部,腹部などの血管雑音

  (4) 眼科学的変化

 Ⅲ 診断上,参考になる検査所見

  (1) 血沈促進

  (2) CRP反応陽性

  (3) 血清グロブリン(γ-グロブリン)の増加

 Ⅳ 診断上のポイント

  (1) 若年女子に好発する

  (2) 確定診断は大動脈造影による

 Ⅴ 鑑別診断上,注意を要する疾患

  Buerger病,動脈硬化症,膠原病,先天性血管異常

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]