一般アミロイドーシスの診断基準

----------------------------------------------------------------------------

Ⅰ.診断へのアプローチ

1.まず本症の可能性を思いつくこと,症状が多彩であるため念頭にないことが多い。

生検のみが生前診断の手段であることから,本症の可能性を考えつつ生検して診断に

いたるべきである。

2.骨髄腫および類縁疾患のときはもちろん,長期にわたる難治性炎症性疾患では必

ず考えてみることが必要である。

Ⅱ.症状および所見

1.全身衰弱,体重減少,貧血,浮腫,呼吸困難,胸痛,胃腸障害とくに頑固な下痢,

紫斑

2.心電図における低電位差,不整脈,ブロック,QS型(V1~V3),低血圧,起

立性低血圧,心肥大

3.タンパク尿,腎機能障害

4.肝腫大,脾腫,ときにリンパ節腫大

5.巨舌

6.嗄声

7.shoulder-pad sign,その他関節腫大

8.多発性ニューロパチー

9.carpal tunnel syndrome

10.皮膚の強皮症様肥厚,結節

11.

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]