心房細動

 一般的には、洞結節からでた刺激が1回1回心房を規則正しく興奮させて心臓の拍動が作られているわけですが、中には心房自体が細かくふるえているような場合があります。目に見えればおそらく、心房表面が沸騰する鍋のようにボコボコみえることでしょう。心臓の機能は、心房の収縮がなくても心室がしっかりしていれば機能低下はほとんどないといわれています。 ただし、心房がしっかり収縮しないと心房の中に血栓を造りやすく、これが飛ぶと脳梗塞を引き起こす率が通常より高いといわれています。