成人スチル病スクリーニングの診断基準(山口 et al.)

----------------------------------------------------------------------------

成人スチル病 (Adult Still disease)

診断基準

  Ⅰ.大基準

    1.39℃以上の発熱(spiking)

    2.特徴的な皮疹(maculipapular)

    3.関節痛/筋痛

  Ⅱ.小基準

    1.比較的若年の発症(15~35歳)

    2.明瞭な咽頭痛

    3.リンパ節腫脹

    4.脾腫

    5.血沈亢進(40mm/h以上)

    6.白血球増多(10,000/mm3以上)

    7.血小板増多(40×104/mm3以上)

    8.腎症の欠如

    9.肝機能検査の異常

    10.低アルブミン血症(3.5g/dl以下)

    11.リウマトイド因子陰性

    12.抗核抗体陰性

  Ⅲ.除外項目

    1.SLE

    2.MRA

    3.PN

    4.敗血症

    5.悪性リンパ腫

  Ⅳ.参考となる事項

    1.漿膜炎(心膜炎,胸膜炎)

    2.静脈炎

    3.ツ反陰性

    4.ビタミンB12高値

    5.小児期における既往

診断

  Ⅰ+Ⅱの6項目以上  Probable

  Ⅰのみ    Possible

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]