腎盂腎炎の診断基準(上田・松本,1981)

----------------------------------------------------------------------------

急性腎盂腎炎

----------------------------------------------------------------------------

1.臨床症状:発熱,悪寒,腰痛,腰部叩打痛,膀胱炎症状など

2.細菌尿>105/ml

3.膿尿(白血球円柱,白血球塊,淡染細胞)

4.膀胱洗浄後においても持続する細菌尿(Fairley法)

5.血清O抗体価の上昇

6.antibody-coated bacteria (ACB) 陽性

----------------------------------------------------------------------------

慢性腎盂腎炎

----------------------------------------------------------------------------

1.臨床症状:不定愁訴または無症状,活動期は急性腎盂腎炎と同じ症状

2.細菌尿(陰性の症例もある。活動期には陽性)

3.膿尿(急性活動期)

4.腎機能障害

  早期より尿濃縮能の低下,分腎機能検査で左右差

5.血清O抗体価の上昇

6.腎X線所見(腎盂像の変化,腎動脈撮影による異常所見)

7.腎組織所見:腎組織より細菌および細菌坑原の証明,光顕で特異な組織所見(間

  質の増生,甲状腺組織様構造,糸球体周囲線維化など)を認める。

[ 一覧へ戻る ]