いざというときのためにおぼえておきましょう。

心肺蘇生法(日本医師会)

気道確保 Airway 

 気道確保とは空気の出入りする通路を確保(開く)ことであり,心肺蘇生法で最
も大切なことである。

a.片方の手をひたいに,もう一方の手を後頭部に近いうなじにおいて頭を後方に
  そらせる。
b.片方の手をひたいに,もう一方の手の人さし指と中指を下あごの先の骨の部分
  にあてて,あごを持ち上げ頭を後方にそらせる。

人工呼吸 Breathing

1.気道を確保する。
2.患者の鼻をつまむ。
3.口を大きく開いて患者の口を覆い,息を吹き込む。
4.胸が動くのを確かめながら5秒に一回の割合でくり返す。
5.幼児では口と鼻を同時に覆う(気道確保をbで行う場合もある。)

心マッサージ Circulation

 胸骨の下半分に両掌を重ねておき,体重を利用して,1分間80〜100回くらいで
胸骨を圧迫する。5回に1回人工呼吸を併用する。救助者が1人の場合は心マッサ
ージ15回と人工呼吸2回を交互にくり返す。

[ 一覧へ戻る ]