Scheie分類(1957)


程度\変化の種類 硬化性変化 高血圧性変化
1度 動脈血柱反射が増強している。軽度の動静脈交叉現象が見られる。 網膜動脈系に軽度のびまん性狭細化をみるが口径不同は明らかでない。動脈の第2分岐以下ではときに高度の狭細化もあり得る。
2度 動脈血柱反射が高度増強があり,動静脈交叉現象は中等度となる。 網膜動脈のびまん性狭細化は軽度または高度。これに加えて明白な限局性狭細も加わって,口径不同を示す。
3度 銅線動脈,すなわち血柱反射増強に加え,色調と輝きも変化して銅線状となる。動静脈交叉現象は高度となる。 動脈の狭細と口径不同はさらに著明(高度)となって,糸のようにみえる。網膜面に出血と白斑のいずれか一方あるいは両方が現れる。(注意参照)
4度 血柱の外観は銀線状(銀線動脈),ときには白線状になる。 第3度の所見に加えて,様々な程度の乳頭浮腫がみられる。

注意:通常出血と白斑の両方が現れた場合を3度とする。ただし,動脈の狭細が著しいときは出血のみでも3度と判定する。

[ 一覧へ戻る ]