慢性関節リウマチ SteinbrockerのStage分類

----------------------------------------------------------------------------

  Ⅰ.初期

    *1.X線にて破壊性変化なし

     2.X線にて骨粗鬆はあってもよい

   Ⅱ.中等期

    *1.X線にて骨粗鬆はあり,多少の骨破壊はあることもないこともある。

      軽い軟骨の破壊はあってもよい。

    *2.関節の変形なし。関節運動の制限はあってもよい。

     3.関節付近の筋肉の萎縮がある。

     4.関節外の軟部の病変(結節・腱鞘炎など)はあってもよい。

  Ⅲ.重症期

    *1.X線にて骨粗鬆のほかに,骨・軟骨の破壊がある。

    *2.関節の変形(脱臼,尺側偏位・過伸展など)がある。線維性または骨

      性強直なし。

     3.広範な筋萎縮あり

     4.関節外軟部組織の病変(結節・腱鞘炎など)はあってもよい。

  Ⅳ.末期

    *1.線維性または骨性強直

     2.Ⅲの基準

(*印は,なくてはならないもの)

 注:SteinbrockerのStage分類では,最も進行した関節のstageをもって,その

   stageとしている。

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]