慢性関節リウマチ診断基準

----------------------------------------------------------------------------

 1.少なくとも1時間以上持続する朝のこわばり(6週以上持続)

 2.3個以上の関節の腫張(6週以上持続)

 3.手(wrist),中手指節関節(MCP),近位指関節(PIP)の腫張(6週以上持続)

 4.対称性関節腫張

 5.手・指のX線の変化

 6.皮下結節

 7.リウマトイド因子の陽性

以上の7項目中,4項目以上を満たすものを RA と診断する。

----------------------------------------------------------------------------

(アメリカリウマチ学会,1987年改訂)

[ 一覧へ戻る ]