天疱瘡 厚生省診断の手引き

------------------------------------------------------------------------------

1) 慢性に難治性の水疱,びらん,痂皮を多発する。

2) 健常部皮膚を圧迫しながらずらせると,水疱ないしびらんを生ずる。(Nikolsky現

象)

3) 病理組織学的には,棘融解性の表皮内水疱である。生検の出来ない場合,水疱底

部の細胞で塗抹標本を作ると,棘融解細胞をみる。

4) 蛍光抗体法により,患者血清中に天疱瘡抗体を証明し,病変部表皮(上皮)細胞

間にその沈着をみる。

この診断の基準の1)〜4)までに相当する者は天疱瘡と診断される。しかしもっとも有

力な診断の基準は3)と4)で,現在の確定診断はほとんどこれらによっている。

-----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]