Parkinson 病診断の手引き

----------------------------------------------------------------------------

【主症状】

1.中年期以降に多く,徐々に発症する慢性進行性疾患で,症状は一側上肢(下肢)

  から始まり,しだいに同側下肢(上肢)へ,さらに対側上下肢・全身におよぶ

2.次の3症状を主とするもので,ときには(2),(3)を欠く場合がある

  (1)寡動~無動(運動の開始が鈍く,動作に時間がかかる)

  (2)筋強剛(歯車現象を伴うことあり)

  (3)振戦(静止振戦,時に企図振戦)

【随伴症状】

1.姿勢異常(前屈姿勢,前腕・膝屈曲)

2.歩行障害(腕振りが少なく,小股のよちよち歩き)

3.顔の表情が少ない

4.言語障害

5.書字障害

6.突進運動

7.精神症状(抑うつ,自発性欠如,不安,焦燥など)

8.自律神経症状(脂顔,唾液分泌亢進,嚥下障害,発汗異常,膀胱障害,便秘,起

  立性低血圧,陰萎など)

Yahr の重症度分類

1.StageⅠ:一側性で障害軽度

2.StageⅡ:両側性だが障害軽度

3.StageⅢ:方向変換不安定,突進現象著明,中等度障害

4.StageⅣ:立位,独歩可能だが,生活能力低下,重症

5.StageⅤ:車イス使用または臥床

----------------------------------------------------------------------------

(「東京都難病診断の手引き」より)

[ 一覧へ戻る ]