結節性多発性動脈周囲炎の診断基準(厚生省特定疾患調査研究班)

----------------------------------------------------------------------------

主要症状

  1.発熱(週4日以上,38℃以上)

  2.腎症 1) 腎生検で特徴的な組織像

       2) 蛋白尿と血尿・円柱尿

       3) 高尿酸血症(20mg/dl以上)

  3.末梢神経炎

  4.筋症状(筋痛・筋力低下・運動制限)

  5.白血球増多症(1万/mm3以上)

  6.好酸球増多症( 300/mm3以上)

  7.皮膚症状(結節・丘疹・紫斑・潰瘍・壊疽など)

  8.肺症状

  9.消化器症状

  10.体重減少(6か月以内に6kg以上の減少)

  11.高血圧

  12.心症状(狭心症や心電図異常所見など)

  13.関節痛

  14.中枢神経症状

  15.血小板増多症(40万/mm2以上)

  

組織所見

  定型的な動脈炎の存在(弾力線維の断裂を伴う血管全層炎であること)

  

除外項目

  1.SLE

  2.RA

  3.Buerger病

  4.大動脈炎症侯群

  5.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)

判定

  (1) 主要症状が少なくとも2項目以上と組織所見のあるものを「確定的」

  (2) 主要症状が少なくも1項目と組織所見のあるもの,または主要症状が少なく

    とも7項目あるとき「疑い」とする。

  ただし,除外項目は1項あってもいけない。

----------------------------------------------------------------------------

(厚生省特定疾患調査研究班)

[ 一覧へ戻る ]