リウマチ性多発筋痛症の診断基準

----------------------------------------------------------------------------

1.両側性肩の疼痛および(または)こわばり

2.発症から2週間以内の症状完成

3.初回赤沈1時間値 40mm 以上

4.朝のこわばり持続時間1時間以上

5.年齢 65 歳以上

6.うつ状態および(または)体重減少

7.両側性上腕部圧痛

----------------------------------------------------------------------------

 上記診断基準項目7項目中3項目以上を満足する場合,または少なくとも1項目と

側頭動脈炎を示す臨床的あるいは病理組織学的異常が共存する場合には「リウマチ性

多発筋痛症と考えられる」(Probable PMR)としてよい。

[ 一覧へ戻る ]