多嚢胞性卵巣症侯群の診断基準

----------------------------------------------------------------------------

 臨床症状

 1.月経異常(機能性出血,揮発月経,第1度無月経)

 2.不妊

 3.肥満

 4.男性化徴候(多毛,にきび)

 

 内分泌動態

 1.血中LH高値(25mlU/ml以上),FSH値正常(LH/FSH比2.5以上)

 2.LH−RHテストでLHの過剰反応およびFSHの正常反応

 3.血中アンドロゲン高値

  (testosterone 90ng/dl 以上,androstenedione 2.0ng/ml 以上,

  dehydroepiandrosterone sulfate 1500ng/ml 以上)

 4.血中sex hormane binding globulin低値

 5.血中estrone(E1)高値,estradiol(E2)低値ないし正常(E1/E2比1.0以上)

 

 卵巣の形態学的変化

 1.両側卵巣の多嚢胞性腫大(肉眼および超音波所見)

 2.白膜肥厚(肉眼所見)

 3.内莢膜細胞の増殖を伴った多数の閉鎖卵胞(組織学的所見)

 4.間質の繊維性増殖(組織学的所見)

----------------------------------------------------------------------------

(東京女子医大 岩下:パネルディスカッション解説集−第75回関東地方連合会地

方部会より)

[ 一覧へ戻る ]