ネフローゼ症候群の診断基準

----------------------------------------------------------------------------

 1) タ ン パ ク 尿:1日の尿タンパク量は 3.5g 以上を持続する

 2) 低タンパク血症:血清総タンパク濃度: 6.0 g/dl 以下

   (低アルブミン血症とした場合は血清アルブミン濃度 3.0 g/dl 以下)

 3) 高 脂 血 症:血清総コレステロール濃度 250 mg/dl 以上

 4) 浮     腫

注 1) 上記の尿タンパク量,低タンパク血症(低アルブミン血症)は,本症侯群診

   断の必須条件である。

  2) 高脂血症,浮腫は診断のための必須条件ではない。

  3) 尿沈渣中,多数の卵円形脂肪体,重屈折性脂肪体の検出は本症侯群診断の参

   考になる。

----------------------------------------------------------------------------

(日本腎臓病学会成人ネフローゼ症侯群治療研究会)

[ 一覧へ戻る ]