右室梗塞診断基準

----------------------------------------------------------------------------

  A.剖検

  B.大基準

    1) V4R ST上昇(1mm以上)

    2) 心エコ−図:右室akinesisまたはdyskinesis

    3) mRA≧10mmHgかつ(mPCW-mRA)≦5mmHg(容量負荷後でも可)

    4) noncomplaint波形(容量負荷後でも可)

    5) PA交互脈またはPA圧早期立ち上がり

  C.小基準

    1) 下壁梗塞

    2) 心エコ−図:右室拡大

    3) mRA≧6mmHg(安静時)

    4) Kussmaul徴候(安静時,1mmHg以上)

    5) 99mTc-ピロリン酸の右室への集積

  診 断

  1.剖検診断---剖検上,右室梗塞の存在が確認されたもの

  2.臨床診断

  【Definite】

  1) 大基準の2項目以上

  2) 大基準の1項目と小基準の2項目以上(ただしB−2とC−2,およびB−

    3とC−3はそれぞれ重複してはならない)

  3) 小基準の4項目以上

  【Probable】

  1) 大基準の1項目

  2) 大基準の3項目

  3.除外項目

    1) 収縮性心膜炎または右室負荷疾患が存在するときB−3,4,5,およ

    びC−2,3,4のデータは採用しない

  2) 心タンポナーデが存在するとき,B−3,5,およびCー3のデータは採用

    しない

----------------------------------------------------------------------------

“冠動脈疾患の集中治療”より抜粋

国立循環器病センター;平盛勝彦ら

[ 一覧へ戻る ]