高脂血症

検査

正確に採血検査をする際のポイント

①空腹状態(食後12~14時間以上)で採血

②座位で採血

③溶血しないように採血

防衛医科大学第一内科 中村治雄

コレステロールに及ぼす食事の影響

影響が及ぶもの

トリグリセライド

カイロミクロン

LDLコレステロール

影響があまりないもの

血清総コレステロール

HDLコレステロール

防衛医科大学第一内科 中村治雄

+-----------------------------------------------------------+

|表 高脂血症の治療開始レベル |

+----------------------------+------------------------------+

| |治療開始レベル |

+----------------------------+------------------------------+

|血清総コレステロール |220mg/dl以上 |

+----------------------------+------------------------------+

|トリグリセライド |150mg/dl以上 |

+----------------------------+------------------------------+

|HDLコレステロール |40mg/dl以上 |

+----------------------------+------------------------------+

|ただし 1) 血清総コレステロールが低値で血清トリグリセライド |

| のみがやや高値の場合はとくに治療する意義はない |

| 2) HDLコレステロールについても血清トリグリセライ |

| ドの関係をみて判定する |

+-----------------------------------------------------------+

日本動脈硬化学会コンセンサス・カンファランス

 

 

動脈硬化指数

① 血清総コレステロール / HDLコレステロール

②(血清総コレステロール - HDLコレステロール) / HDLコレステロール

Friedewaldの式

LDLコレステロール

 =血清総コレステロール - HDLコレステロール - トリグリセライド*0.2

 

食事療法

LDLコレステロールを下げる食事

①脂肪を制限して総カロリーの25%程度とする

②コレステロールの摂取量を1日300mg以下とする

③飽和脂肪酸を減らして不飽和脂肪酸を増やし,飽和脂肪酸(S),一価脂肪酸(M),多

価脂肪酸(P)の比を,1:1:1とするか,P/S比を1.0~2.0とする

④食物繊維を増やし,1日25g以上とるようにする

トリグリセライドを下げる食事

①トリグリセライドを制限して標準体重を維持させる

②糖質を制限してカロリーの50%程度とする

③アルコールを制限して1日30ml(ビール大びん1本または日本酒1合またはウイス

キーシングル3杯程度)以下とする

④砂糖を制限して1日50g以下とする

⑤青身の魚を多くとる

HDLコレステロールを上げる食事

①カロリーを制限して標準体重を維持する

②糖質および砂糖を多くとらないようにする

東海大学医学部第一内科 中谷矩章

高脂血症Q&A 三共

[ 一覧へ戻る ]