長期透析療法の適応基準(厚生省,1972)

----------------------------------------------------------------------------

 長期透析療法は保存的療法で,尿毒症症状が改善できない場合にその適応となる。

その具体的基準としては,次の3項目のうち2項目以上を満たすものであること

 1.臨床症状

    次のA〜Fのうち3項目以上を有すること

   A 乏尿,夜間多尿

   B 腎性貧血

   C 重症高血圧

   D 不眠,頭痛

   E 悪心,嘔吐

   F 体液貯留(浮腫,肺うっ血)

 2.腎 機 能

    内因性クレアチニン・クリアランス:10 ml/分以下,あるいは血清クレアチ

   ニン値:8 mg/dl以上

 3.活動能力

   軽い日常作業が困難なもの

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]