Crohn病診断基準

(日本消化器病学会クローン病検討委員会,1976)

----------------------------------------------------------------------------

 臨床および病理所見として,つぎの病変のうち1),2),3)を有するものを疑診,さ

らに4),5),6)のうちの1つが加われば確診とする。しかし,4)がある場合には,1),

2),3)のうちの2つがあれば確診としてよい。ただし,腸結核,潰瘍性大腸炎,虚血

性(大)腸炎,放射線照射性(大)腸炎,腸型Behcet,単純性(非特異性)腸潰瘍,

“非特異性多発性小腸潰瘍症”,および急性回腸末端炎は除外されているものとする。

  1) 非連続性または区域性病変

  2) cobblestone appearanceまたは縦走潰瘍

  3) 全層性炎症性病変(腫瘤または狭窄)

  4) サルコイド様非乾酪性肉芽腫

  5) 裂溝または瘻孔

  6) 肛門部病変(難治性潰瘍,非定型的痔瘻または裂孔)

   付1.本症は病変部位によって区別する。

      例:回腸Crohn病,回腸・結腸Crohn病,結腸Crohn病

   付2.限局性大腸炎(肉芽腫性大腸炎)とされているものはCrohn病とみなす。

   付3.とくに腸結核との鑑別上,手術例においては所属リンパ節の組織学的検

      索が望ましい。

----------------------------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]