心不全の診断基準(Framingham Study 1971年より)


大症状
  発作性夜間呼吸困難または起座呼吸
  頚静脈怒張
  ラ音
  心拡大
  急性肺水腫
  S3 gallop
  静脈圧上昇(16cmH2O)
  肝頚静脈逆流
小症状
  下腿浮腫
  夜間咳嗽
  労作性呼吸困難
  肝腫大
  胸水貯留
  肺活量が最大値の1/3以下
  頻脈(120/min以上)
大症状または小症状
  5日間で4.5kg以上の治療による体重減少
診断
  大症状2つか,大症状1つおよび小症状2つ以上を心不全とする。

(N.Eng.J.Med.285;1441,1971)

[一覧へ戻る ]