Behcet病診断基準(厚生省研究班,1987)

1.主症状

(1)口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍

(2)皮膚症状:

  a.結節性紅斑

  b.皮下の血栓性静脈炎

  c.毛嚢炎様皮疹,ざ瘡様皮疹

   参考所見:皮膚の被刺激性亢進

(3)眼症状:

  a.虹彩毛様体炎

  b.網膜ぶどう膜炎(網脈絡膜炎)

  c.以下の所見があればa.b.に準じる

   a.b.を経過したと思われる虹彩後癒着,

   水晶体上色素沈着,網脈絡膜萎縮,視

   神経萎縮,併発白内障,続発緑内障,

   眼球癆

(4)外陰部潰瘍

2.副症状

(1)変形や硬直を伴わない関節炎

(2)副睾丸炎

(3)回盲部潰瘍で代表される消化器病変

(4)血管病変(手引き参照)

(5)中等度以上の中枢神経病変(手引き参照)

3.病型診断の基準

(1)完全型:

  経過中に4主症状が出現したもの

(2)不全型:

  a.経過中に3主症状,あるいは2主症状

   と2副症状が出現したもの

  b.経過中に定型的眼症状とその他の1主

   症状,あるいは2副症状が出現したも

   の

(3)疑い:

  主症状の一部が出没するが,不全型の条

  件を満たさないもの.および定型的な副

  症状が反復あるいは増悪するもの

(4)特殊病型:

  a.腸管(型) Behcet病

  b.血管(型) Behcet病

  c.神経(型) Behcet病

4.参考となる検査所見

(1)皮膚の針反応

(2)炎症反応:

  赤血球沈降速度の亢進,血清CRPの陽性化,

  末梢血白血球数の増加

(3)HLA-B51(B5)の陽性

医学書院刊  今日の診断指針 第3版

星 恵子  聖マリアンナ医科大学助教授:難病治療研究センター内科

[ 一覧へ戻る ]