ARDSの診断基準(Murrayら)

点数

------------------------------------------------------

1.胸部X線

コンソリデーションなし 0

コンソリデーションが全肺野の1/4 1

コンソリデーションが全肺野の2/4 2

コンソリデーションが全肺野の3/4 3

コンソリデーションが全肺野に及ぶ 4

2.低酸素血症

PaO2/Fi02 ≧300 0

PaO2/FiO2 225~299 1

PaO2/FiO2 175~224 2

PaO2/FiO2 100~174 3

PaO2/FiO2 <100 4

3.PEEP(人工呼吸管理時)

PEEP ≦5cmH2O 0

PEEP 6~8cmH2O 1

PEEP 9~11cmH2O 2

PEEP 12~14cmH2O 3

PEEP ≧15cmH2O 4

4.肺コンプライアンス(測定可能時)

コンプライアンス ≧80ml/cmH2O 0

コンプライアンス 60~79ml/cmH2O 1

コンプライアンス 40~59ml/cmH2O 2

コンプライアンス 20~39ml/cmH2O 3

コンプライアンス ≦19ml/cmH2O 4

------------------------------------------------------

各点数の和を項目の数で剖ったものを最終的なスコアとする

スコア

肺傷害なし 0

軽度から中等度肺傷害 0.1~2.5

高度肺傷害(ARDS) >2.5

注:PaO2/FiO2=動脈血酸素分圧と吸入酸素濃度の比,PEEP=呼気終末陽圧呼吸

Murray JF et al: An expanded definition of the adult respiratory distress syndrome. Am Rev Respiratory Dis 138 : 720, 1988

[ 一覧へ戻る ]