不安定狭心症の定義

American Heart Association(1975年)

------------------------------------------------------------------------------

 以下の症状が3週間以内に始まり,1週以内にも発作があるが新しい梗塞を示す心

電図所見や血中酵素値上昇のないもの。

a.新しい労作性狭心症(new angina of effort):

 初めて狭心症発作が生じたもの,または6か月以上発作がなかった場合の再発。

b.変化する型(changing patern):

 以前は安定した狭心症発作を持つ例で,痛み,頻度,持続時間が増大し,容易に誘

発されるようになり,痛みの放散が増したもの。通常ニトログリセリンの効き方が悪

くなる。

c.新しい安静狭心症(new angina at rest):

 安静時に発作が生じ,15分以上続きニトログリセリンで寛解されないことがある。

しばしば痛みとともに一過性のST変化(上昇または下降),あるいはTの陰性化を

伴う。

------------------------------------------------------------------------------

         不安定狭心症(AHA)

-----------------------------------------------------------

 1.新たな胸痛発作,あるいは6ヵ月間無症状のあとに発症

 2.発作の頻度,強さ,持続時間の増大

   ニトロ舌下服用の効果は減弱

 3.安静時狭心症の初発

-----------------------------------------------------------

[ 一覧へ戻る ]